診療内容 診療内容
問診票 問診票
新着情報 新着情報
カレンダー 休診日カレンダー
カレンダー 休診日カレンダー
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

ざ瘡(ニキビ)

<ニキビの原因>
ニキビを発生、悪化させる原因は色々あります。
①不規則な生活
②ホルモンバランスの乱れ
③乾燥
④睡眠不足
⑤間違ったスキンケア
⑥紫外線
⑦栄養のアンバランス
⑧過労
⑨便秘
⑩冷え
⑪花粉や大気汚染

<ニキビの出来るプロセス>
1. 毛穴の出口が角化してつまる
2. 皮脂の過剰な分泌
3. ニキビ菌の増殖

様々な原因がニキビを発生させ、悪化させます。 

<ニキビの種類>
①炎症のないニキビ
a)マイクロコメド(微小面ぽう) 
目に見えない段階。毛穴の出口が狭くなり、皮脂がつまり始めている状態。

b)コメド(面ぽう)は白ニキビ」や「黒ニキビ」と呼ばれることもある。ニキビのはじまりである毛穴がつまった状態のこと。触ると肌がざらざらした感じ。
白ニキビ(閉鎖面皰)
皮脂が毛穴につまった状態。
毛穴まわりの角質肥厚などによって毛穴がふさがれて、皮脂が排出できなくなり毛包が広がるとともに、アクネ菌が増え始める。
ポツッとした小さな白い点が盛り上がって見える。

黒ニキビ(開放面皰)
白ニキビすると毛穴の入り口が開き、毛穴に詰まっていた皮脂や古い角質などが空気にさらされて酸化して黒くみえる。シミや小さなホクロのように見えることもある。
②炎症を起こしたニキビ
赤ニキビ(紅色丘疹)
コメドが悪化し、アクネ菌が毛穴の中の皮脂を栄養として繁殖し炎症を起こした状態
黄ニキビ(膿疱)
赤ニキビがさらに悪化し、黄色ブドウ球菌まで増殖して膿ができた状態。
アクネ菌がリパーゼという酵素を出し、毛包の壁を壊し炎症物質が毛包の外へ溢れて炎症が広がる。

<部位別ニキビの原因>

①顎
食後の口周辺の雑菌や洗顔の洗い残し、マスクの摩擦刺激
②頬
スクラブやマッサージ機器での間違ったスキンケア、就寝中の枕
③鼻
メイクの洗い残し、手の雑菌で触れる、指やティッシュによる刺激
④おでこ
髪に残ったシャンプー・リンスなど
⑤背中
洗い方が雑、汗をかいて服やバッグをつける

<尋常性痤瘡治療ガイドライン 2023>から
推奨度の分類
A 行うよう強く推奨する
B 行うよう推奨する
C1 選択肢の一つとして推奨する
C2 十分な根拠がないので(現時点では)推奨しない
D 行わないよう推奨する(無効あるいは有害であ ることを示す良質のエビデンスがある)
1)外用薬
イ)A—べピオゲル、デュアック配合ゲル、エピデュオゲル、ディフェリンゲル .
ロ)A—外用抗菌薬 クリンダマイシン、ナジフロキサシン、オゼノキサシン
ハ)C1…アゼライン酸外用
☆C2…ステロイド外用薬,推奨 はしない.
2)内服薬
イ)A—内服抗菌薬 ドキシサイクリン、ミノサイクリン、
ロ)B…内服抗菌薬 ロキシスロマイシン、ファロペネム
3)漢方薬
イ)C1…(50)荊芥連翹湯、(58)清上防風湯、(6) 十味敗毒湯
ロ)C2…(15)黄連解毒湯、57)温清飲、(106)温経湯、(125)桂枝茯苓丸、推奨 はしない.
4)施術
イ)C1…ケミカルピーリング(グルコール酸、サリチル酸マクロゴール)

<ニキビ治療(保険)>
ニキビ治療は大きく分けて三つに分かれます。
A)面ぽうに対して行う
B)感染に対して行う
C)ニキビ痕(瘢痕)に対して行う

まずは、保険診療の範囲で行える治療を述べます。

A)面ぽうに対して行う塗り薬は、
・ベピオゲル、ベピオローション(ゲルに比較し、赤みや乾燥などの副作用発現頻度が約1/3(ローション11.9%・ゲル37.3%)、しっとりとした使用感で、かつ適用部位に塗り広げやすい)
・ディフェリンゲル
・エピデュオゲル
・デュアック配合ゲルがあります。

いずれも、初期には肌の乾燥や刺激を引き起こす可能性があるので、少量、短時間から始めるのが望ましいです(短時間接触療法)。
次回から各論を説明します。

A)ニキビ ニキビとは、皮脂の分泌が盛んになり毛穴の角質が厚くなり、毛穴の先端が詰まることで毛穴に皮脂がたまります(面皰-白にきび)。

※この白にきびで角質を毛穴から押し出して酸化して黒く見えるのが黒にきび 次に面皰内にアクネ菌が増え炎症を起こし赤いぶつぶつしたにきび(赤にきび)や膿がたまったにきび(黄にきび)を引き起こします。 毛穴の周りの皮膚に障害を与えると、肌の表面に凹凸がにきび痕として残ります。 「大人のにきび」の女性患者では、月経前に、黄体ホルモンが優位になります。この影響で皮脂の分泌が高まりにきびの悪化がみられます。

1)赤いぶつぶつや膿を持ったぶつぶつがたくさんある場合に抗生物質の飲み薬を使います。抗生物質の内服期間は1ヵ月から3ヵ月が理想的ですが、

2)赤いぶつぶつや膿を持ったぶつぶつがの症状が軽快した後は、アダパレンや過酸化ベンゾイルという塗り薬をつかって良い状態を維持する治療を続けます。 アダパレンは、毛穴の詰まりを改善させ、面皰ができにくくする塗り薬です。しっかり保湿と紫外線対策が必要です。 また過酸化ベンゾイルは毛穴を開き、抗菌作用によりニキビを改善します。。

3)軽度~中程度のニキビには、ビタミンB2.6,C内服が有効です。

4)長引く慢性のニキビには漢方療法も有効です。  

◆推奨度の分類 A :行うよう強く推奨する B: 行うよう推奨する C1: 良質な根拠は少ないが,選択肢の一つとして推奨する C2: 十分な根拠がないので(現時点では)推奨できない D :行わないよう推奨する(無効あるいは有害であ ることを示す良質のエビデンスがある) 過酸化ベンゾイルは白色のゲル剤で、は以下の二つの作用でニキビを治します。 ① 抗菌作用 ニキビの原因である、アクネ菌は酸素がない状態でしか生きられない(酸素があると死滅します)嫌気性菌です。 そこで、酸化剤(酸素と同じような作用をする物質)の一つである 過酸化ベンゾイルを皮膚に塗るとアクネ菌を殺しニキビを治します。 ※現在のニキビ治療は、菌を殺す塗り薬や飲み薬を使用しますが、これらの薬を長期使用して耐性菌(抗菌剤がきかない菌)の出現するため、長期の使用には問題があります。 ② 角質層剥離作用:角質細胞の結合を緩め、角質が剥離しやすくすることで、毛孔に蓋をしていた角質をはがし油脂が出やすくします。 以上の作用機序より、炎症性皮疹と非炎症性皮疹への効果があります。 また見えないにニキビの微小面疱を減少させニキビの繰り返しを防ぐ効果もあると考えられます。

◆注意 漂白作用があるため、髪や服に付着すると脱色します。患部以外には付けないように気を付けてください。

◆副作用 発現頻度は7.4-18.6%、治療開始1ヵ月以内に多く認められます。 を生じる可能性があります。 皮膚剥奪皮膚のかゆみ、乾燥、かぶれ、しっしん、ピリピリ感、灼熱感 (使用開始直後は刺激感や発赤がみられる事があります)

◆注意事項 ① 外出時紫外線予防(日焼け止め) ② 冷蔵庫保管(25度以下)

◆使用方法 ・1日1回洗顔後に塗布します。 ・にきびができやすいところ全体に広めに塗ります。(最初は小範囲から徐々に広げていきます。) ・薬剤を6ヵ所(右額、左額、鼻、右頬、左頬、顎)に点在させた後、眼囲、口唇を除く顔面全体に薄く広げます。 ・塗る量は最大、成人の人差し指の先から第一関節まで(2㎝強)、塗る範囲でこれより狭く始めます。 ・使用後は手を洗ってください。 さらに、アダパレン+過酸化ベンゾイル製剤も販売されています。

<治療(自由診療)>

1)IPL

2)レーザーフェイシャル

3)ハイドロフェイシャル

4)ケミカルピーリング&イオン導入

5)トラネックスレチピール

6)ダーマペン

7)アゼライン酸

アゼライン酸は 海外で約30年前から使用されています。 小麦・大麦・ライ麦などの穀類に含まれている天然由来の酸で食品として摂取している成分です。 作用機序: ①毛穴の詰まりを取り除く 古い角質による毛穴の詰まりを改善 ②アクネ菌に対する抗菌 ③抗酸化作用  皮脂の酸化を抑制 ④美白 メラニンの生成を抑える

<ディーアールエックス® AZAクリア®> 15g 1,800円(税抜き) アゼライン酸高濃度配合クリーム

 D9DDA4B9-CDF1-41C2-958B-23700E0BE394

AZAクリアはにきびがちな肌の方に着目したスキンケア化粧品です 敏感肌、若年者、妊娠中や授乳中の方も使用が出来ます。無香料、無着色、防腐剤フリーです。 使用方法:朝晩2回、1回パール粒大(直径1cm)の使用で1ヶ月お使い頂けます。 洗顔後化粧水、乳液等使用後塗布(朝はその後、UVケアをしてください。 効果: 開始後1週間ほどのかゆみ、熱感、や激感がありますがすぐに軽減し、1から2ヶ月ほどで効果が出てきます。