院長ブログ

■ビグアナイド薬とヨード造影剤の併用注意

2023/04/12

ビグアナイド系糖尿病薬(メトホルミン塩酸塩)や選択的DPP4阻害薬/ビグアナイド系薬配合剤を服用し造影CTを行うと、乳酸アシドーシス があらわれるおそ れがあります。

よって造影剤使用の前後2日間服用中止が必要です。

ビグアナイドの作用は、

①「肝臓における糖新生の抑制」

②「骨格筋・脂肪組織における糖取り込み促進」

③「小腸からの糖吸収抑制作用」

④「食欲抑制」瘦せホルモンと呼ばれる「GLP-1」と「ペプチドYY」の分泌を増加させ、脳の視床下部や消化管に直接働きかけ、食欲を低下させ体重減少を促進します。

医)清涼会 大濠パーククリニック

頭痛外来

福岡市中央区大濠公園2-35 THE APARTMENT 2B

 092-724-5520

 

お問い合わせはこちらTEL092-724-5520 ※月1回月曜日を休診日とさせていただいております。
2月5日、3月4日、4月8日
5月20日、6月10日、7月1日
8月26日、9月2日、10月28日
11月11日、12月9日
8月13日~15日(お盆休み)
12月30日~1月3日(年末年始)
皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。
料金表(自由診療)
WEB問診
各種健康診断・人間ドック
健康診断・ブライダルドック・ミニドック予約
  • 当院の強み
  • 初診の方へ
  • 料金表
  • 院内のご紹介
  • 診療内容について
  • 患者様の声
  • アクセス
  • よくあるご質問
  • リンク
大堀パーククリニック外観

福岡市中央区大濠公園2-35
THE APARTMENT 2階
TEL : 092-724-5520

アクセス
車:都市高速「西公園」または「百道」ランプより5分
バス:大濠公園バス停前のビル
地下鉄:大濠公園駅より徒歩2分

大堀パーククリニックサイドの診療時間画像 地図はこちら モバイルサイトQRコード
院長ブログのバナー
新着情報
主な医療機器一覧
youtube
LINE@
instagram
twitter amebablog
tumblr
頭痛・治療・クリニック・内科・更年期障害・美容皮膚科・ピル・健康診断などのキーワードでよくご来院いただく患者様のエリア
福岡市中央区天神・博多区・城南区・早良区・西区・東区・春日市・大野城市・太宰府市・筑紫野市・那珂川市・北九州市・佐賀県など