ニキビは中学生の87%

本邦における尋常性痤瘡のアンケートによる疫学的調査2018年によると、学生のニキビの平均発症年齢が最も多いのは男性13歳、女性12歳。

中学校では有病率は87.3%、大学生においてはニキビ罹患経験者が95.8%いました。

ニキビの治療として保険が使えるものが多数ありますビタミンや漢方薬そして抗生剤などの内服薬や塗り薬など。また自由診療としては、レーザー、IPL、ケミカルピーリング、ハイドロフェイシャルなど

まずはお電話下さい。

詳細は以下、

https://www.ohori-pc.jp/wp/?p=1313

)清涼会 大濠パーククリニック 福岡市中央区大濠公園2-35 THE APARTMENT 2B  092-724-5520

https://www.ohori-pc.jp/wp

低用量ピル、緊急避妊ピル、生理日移動ピルは以下を参照

http://fukuoka-ec-oc-pill.jp

https://www.ohori-pc.jp/wp/?p=9747