ニキビ治療に抗生物質内服

抗生物質内服は短期では有効ですが、長期に成る場合の問題点として、抗生物質の効かない菌が増えてくること(耐性菌)があります。

抗炎症作用を併せ持つ抗生物質としてはテトラサイクリン系ミノサイクリン、ドキシサイクリンやマクロライド系ロキシスロマイシンやクラリスロマイシン、ペネム系のファロペネムのニューキノロン系の内服薬を用いることもあります。長期投与で薬剤耐性のアクネ桿菌の増加のリスクが高まるため1ヶ月投与にとどめるべきです。

医)清涼会 大濠パーククリニック

頭痛外来、ピル外来、美容皮膚科、婦人科、内科

福岡市中央区大濠公園2-35 THE APARTMENT 2B

 092-724-5520

https://www.ohori-pc.jp/wp

低用量ピル、緊急避妊ピル、生理日移動ピルは以下を参照

http://fukuoka-ec-oc-pill.jp