ヤーズフレックス

福岡の婦人科でピルや、がん検診は大濠パーククリニックです。

ヤーズフレックス配合錠は、国内で初めて、最長120日まで連続服用ができるようになったLEP製剤です。卵胞ホルモン(エストロゲン:E)と黄体ホルモン(プロゲスチン:P)が配合されたEP配合剤です。副作用を軽減するために卵胞ホルモンの含有量は20μgまで抑えられた超低用量LEP製剤です。

(適応)子宮内膜症に伴う疼痛の改善、月経困難症

(使用方法)

  • 初めてお薬を飲み始めるとき出血の有無にかかわらず24日間は服用を継続すること。
  • 出血が3日続いたら、4日休薬後服用を再開すること。
  • (長所)
  • 月経回数が少なくなる為、月経に伴う、生理痛、頭痛、を起こす回数が軽減します。
  • (短所)
  • 不正出血(破綻出血)が起こりやすく、予期せぬ出血を見ることがあります