雨の日頭痛 大濠パーククリニック

『雨の日頭痛、天気痛とは』 雨が降る1-2日前に頭痛が多くなるかたをよく見ます。台風や嵐など気圧が低下すると頭痛、関節痛、腰痛、耳痛、肩こりなどが悪化するのが『天気痛』です。 『気象病』とは天候による体の不調の総称です。めまい、イライラ、肩こり、といった不定愁訴と、天気痛があります。 <頭痛〜る> 気象病の代表、偏頭痛は天気痛で、天気が崩れる前、気圧が下がり出すと、頭痛を訴える人が多いみられます。無料でダウンロードできるアプリ【頭痛〜る】は薬を飲むタイミングに使えます。アイフォーンやアンドロイドで使えます。 医)清涼会 大濠パーククリニック 福岡市中央区大濠公園2-35 THE APARTMENT 2B ☎ 092-724-5520 低用量ピル、緊急避妊薬、生理日移動ピルは以下を参照 http://fukuoka-ec-oc-pill.jp 福岡の頭痛外来と言えば大濠パーククリニックです。