院長ブログ

■片頭痛の誘発因子  大濠パーククリニック

2018/10/20

片頭痛患者の3/4に何らかの発作の誘発因子があるといわれています.

[精神的因子]60~80%.ストレスから開放されたときに血管も緩み、片頭痛が起こる

ストレス、精神的緊張、疲れ(頻回の旅行)、睡眠不足、睡眠過多

※週末頭痛

[ホルモン因子]

月経の2日前から3日目くらいまで

排卵日前後

閉経

[環境因子]

天候の変化(雨の前日、または当日)

天災・低気圧(地震、台風、暴風)(10%)

温度差(冷房、もしくは暖房、入浴またはシャワーを浴びた後)

人ごみ、騒音、まぶしい光、強い不快なにおい(香水、たばこ)など物理的刺激

睡眠不足(30%)、睡眠過多(25%)

長時間のPC,TV

空腹

[身体,情動] ・激しい運動・体屈曲やかがんだ姿勢(園芸ガーデニング作業など) ・重いものをもつ

[疾病] 歯痛,他の頭痛,頸部痛 ・高血圧

遺伝的・素因的な要素

     母親だけ片頭痛→子供は70%

     父親だけ片頭痛→子供は30%

    両親頭痛→子供は90%

[食事性因子] 食品に含有される血管作動性物質 亜硝酸塩  … 血管拡張作用有し,サラミやソーセージに含有 チラミン  … 血管作動性物質で,年代物のチーズや柑橘類にも含有 フェニルエチルアミン  … チョコレートに含有 ヒスタミン  … 赤ワインに含有 ドパミン  … ソラマメに含有 グルタミン酸ナトリウム  … 中華料理などに含まれ,チャイニーズレストラン症候群の原因 カフェイン  … コーヒーやお茶に含有.少量で鎮痛効果があるが,過剰摂取で頭痛を誘発 ・魚(とくにスモーク(燻製)にしたもの) ・缶詰のイチジク ・塩づけニシン ・鳥の肝臓 ・トマト ・小麦

[薬]      血管拡張物質       … ニフェジピン,アテノロール,ニトログリセリン,カプトリル,シロスタゾール      血管収縮作用で濃度低下により血管拡張が起こる物質       … 鎮痛薬(インドメタシン,ジクロフェナックなど)        頭蓋内圧を上昇させる薬物       … シメチジン,抗生物質など        一酸化窒素を放出する薬物       … ニトログリセリン,シルデナフィル        ピル

睡眠薬

福岡の頭痛外来と言えば大濠パーククリニックです。

福岡の頭痛HP

お問い合わせはこちらTEL092-724-5520 ※月1回月曜日を休診日とさせていただいております。
2月5日、3月4日、4月8日
5月20日、6月10日、7月1日
8月26日、9月2日、10月28日
11月11日、12月9日
8月13日~15日(お盆休み)
12月30日~1月3日(年末年始)
皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。
料金表(自由診療)
WEB問診
各種健康診断・人間ドック
健康診断・ブライダルドック・ミニドック予約
  • 当院の強み
  • 初診の方へ
  • 料金表
  • 院内のご紹介
  • 診療内容について
  • 患者様の声
  • アクセス
  • よくあるご質問
  • リンク
大堀パーククリニック外観

福岡市中央区大濠公園2-35
THE APARTMENT 2階
TEL : 092-724-5520

アクセス
車:都市高速「西公園」または「百道」ランプより5分
バス:大濠公園バス停前のビル
地下鉄:大濠公園駅より徒歩2分

大堀パーククリニックサイドの診療時間画像 地図はこちら モバイルサイトQRコード
院長ブログのバナー
新着情報
主な医療機器一覧
youtube
LINE@
instagram
twitter amebablog
tumblr
頭痛・治療・クリニック・内科・更年期障害・美容皮膚科・ピル・健康診断などのキーワードでよくご来院いただく患者様のエリア
福岡市中央区天神・博多区・城南区・早良区・西区・東区・春日市・大野城市・太宰府市・筑紫野市・那珂川市・北九州市・佐賀県など