抗重力筋、セレトニンと片頭痛 大濠

片頭痛、月経前症候群(PMS)に関与する可能性がある神経伝達物質のセロトニンには5つの作用があります。 ・痛覚を抑制する (鎮痛) ・抗重力筋に働きかけ、姿勢を保つ ・大脳皮質への作用(覚醒、意欲) ・大脳辺縁系への作用(精神のバランス): ・自律神経の働きを整える この中で、抗重力筋に働きかけ、姿勢を保つ 作用は片頭痛発症に関与する可能性があります。うつ状態になると、顔に表情がなくなり、猫背になります。セレトニンの分泌が低下しています。また、睡眠不足、目覚めがわるい、姿勢が悪く、肩こりになる、さらに、痛みにも敏感になり、片頭痛は悪化します。 ★抗重力筋 お腹側(腹直筋、大腿四頭筋、頚部屈筋群、前脛骨筋)、 背中側(脊柱起立筋、大殿筋、下腿三頭筋、ハムストリングス、) 医)清涼会 大濠パーククリニック 頭痛外来、ピル外来、美容皮膚科、婦人科、内科 福岡市中央区大濠公園2-35 THE APARTMENT 2B ☎ 092-724-5520 https://www.ohori-pc.jp/wp 低用量ピル、緊急避妊薬、生理日移動ピルは以下を参照 http://fukuoka-ec-oc-pill.jp 福岡の頭痛外来と言えば大濠パーククリニックです。
   
 
iPhoneから送信