新着情報

■喘息の診断と治療

2023/12/13

<概念>
アレルギー反応などによって気管支粘膜に慢性的なの炎症が起こり、気道が狭くなり刺激に対して過敏な状態となります。
<疫学>
罹患率は大人で9~10%、子供で8~14%
年間1,700近くの死亡者がいます。
<原因>ハウスダスト、ダニ、カビ、チリやットの毛に付着するフケ(イヌ、ネコ、モルモット、ハムスター、ウサギなど)
<症状>
発作的に咳や痰が出て、喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒューという音)、息切れ
夜間や早朝に出やすいのが特徴です。
<診断>
吸機能検査(当院でも行っています)。気管支拡張薬を吸ったあとにその流れが改善すれば喘息の可能性が高いです。
出典:日本呼吸器学会
<治療>
1)ICS/LABA 吸入ステロイド/気管支拡張薬
・シムビコート 2吸入✖️2→無効なら翌日 3吸入✖️2→ 無効なら翌日4吸入✖️2
・レルベア100エリプタ 1吸入✖️1→無効なら2週間後レルベア200エリプタ 1吸入
・アドエア100ディスカス 1吸入✖️2

ICS/LABA /LAMA吸入(テリルジーテリルジーなど)
プラス
2)ロイコトリエン拮抗薬(シングレアかキプレス 1錠)や、抗ヒスタミン薬(デザレックス1錠)
3)発作時は
リリーバー(SABA):メプチンやサルタノール吸入 2吸入→最大4回/日
 
症状の強さによって1~4週間後に再受診させ、コントロール不良であれば治療のステップアップを考慮する。
いったん3カ月から6カ月の間コントロールができれば、治療のステップダウンも考慮する
 
緊急時
 
経口プレドニゾロン40mg5-7日間飲みきり
アミノフィリン点滴静注

お問い合わせはこちらTEL092-724-5520 ※月1回月曜日を休診日とさせていただいております。
2月5日、3月4日、4月8日
5月20日、6月10日、7月1日
8月26日、9月2日、10月28日
11月11日、12月9日
8月13日~15日(お盆休み)
12月30日~1月3日(年末年始)
皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。
料金表(自由診療)
WEB問診
各種健康診断・人間ドック
健康診断・ブライダルドック・ミニドック予約
  • 当院の強み
  • 初診の方へ
  • 料金表
  • 院内のご紹介
  • 診療内容について
  • 患者様の声
  • アクセス
  • よくあるご質問
  • リンク
大堀パーククリニック外観

福岡市中央区大濠公園2-35
THE APARTMENT 2階
TEL : 092-724-5520

アクセス
車:都市高速「西公園」または「百道」ランプより5分
バス:大濠公園バス停前のビル
地下鉄:大濠公園駅より徒歩2分

大堀パーククリニックサイドの診療時間画像 地図はこちら モバイルサイトQRコード
院長ブログのバナー
新着情報
主な医療機器一覧
youtube
LINE@
instagram
twitter amebablog
tumblr
頭痛・治療・クリニック・内科・更年期障害・美容皮膚科・ピル・健康診断などのキーワードでよくご来院いただく患者様のエリア
福岡市中央区天神・博多区・城南区・早良区・西区・東区・春日市・大野城市・太宰府市・筑紫野市・那珂川市・北九州市・佐賀県など