小児頭痛の治療法 大濠パーククリニック

zutuu-fukuoka
特徴 ① 「片頭痛」が50%、「反復発作性緊張型頭痛」が10%強 ② 持続時間が短い61%は頭痛発作時間が5間以内 ③ 部位は両側性[前頭/側頭]も多い ④ 頻度  14歳以下4%位、14歳では10.6%(男児6.4% 女児14.8%) ⑤ 家族歴は 平均75% ⑥ 頻度は高い:32%が1週間に1回あるいはそれ以上) ⑦ 頭痛は日中(特に朝)に起こり,夜間覚醒はほとんどない ⑧ 小児の初発平均年齢は6歳   (1歳もある) ⑨ 腹痛、嘔吐、下痢などの腹部症状が重症かつ前面に出やすい、 ⑩ 睡眠との関連が強い、3分の2が、睡眠障害(特に寝つきが悪い)を経験 ⑪ 乗り物酔いが多い(45%) ⑫ 学校生活との関連が強い、 治療 ① 予防法 朝食しっかりとる:空腹は片頭痛の誘因 遅く寝ない。睡眠不足、寝過ぎは片頭痛の誘因 心身のストレスを緩和する 学校は休まなくてもよい(持続時間が短いため) ② 薬物療法 A.急性期治療 鎮痛剤:カロナール(アセトアミノフェン)、ブルフェン(イブプロフェン) 経鼻スマトリプタンは, 8 歳以上に効果的である. B.制吐剤 ナウゼリン(ドンペリドン) C.予防薬 シプロヘペタジン シロップ(ペリアクチン,抗ヒスタミン)、アミトリプチリン、プロプラノロール、バルプロ酸ナトリウム 中学性以上 テラナス(塩酸ロメリジン)、バルプロン酸 福岡の頭痛外来と言えば大濠パーククリニックです。