低用量ピルとアセトアミノフェンの飲み合わせ?

ピルの効果が強くなる為、副作用が強くでる可能性が高まります。また、アセトアミノフェン自体の鎮痛効果が弱まります。 アセトアミノフェンがエチニルエストラジオールの硫酸抱合を阻害し、硫酸抱合を介する排泄を遅らせ、エチニルエストラジオールの血中薬物濃度が上昇すします。また、アミノフェンのグルクロン酸抱合を促進し、排泄を促してアセトアミノフェンの鎮痛作用が弱まると考えられています。らよって、低用量ピル使用時の解熱剤や鎮痛剤は、アセトアミノフェン  でなくNSAIDS(ロキソニンやヴァファリン)が良いと思われます。