子宮頸がん予防 ワクチンは無料です。(年齢制限あり)

3月4日は、その原因となるウイルスへの感染予防を呼びかける「国際HPV啓発デー」でした。

日本では25歳から40歳の女性のがん死亡の第2位を占めます。

HPVワクチンの接種により、子宮頸がんの原因の90%を防げます。

日本での接種率は20%位で欧米の80-90%よりまだかなり低率です。

公費:小学校6年から高校1年相当の女性は、HPVワクチンの定期接種の対象で無料

キャッチアップ:1997年度(H9年4月2日以降)から2007年度生まれの女性も、2025年3月末までは公費(無料)で接種を受けられます。

子宮頸がんの予防に効果を発揮するHPVワクチンは3種類

・2価ワクチン(サーバリックス®️)通常5万

・4価ワクチン(ガーダシル®️)通常5万

・9価ワクチン(シルガード®️9) 通常9万

合計2回(15歳未満)または3回の接種が必要です

HPV16/18型が子宮頸がんの原因の50~70%を占めます。

9価ワクチンは、このうち9種類のHPVの感染を防ぐワクチンです。その中でも、子宮頸がんの原因の80~90%を占める、7種類のHPV(HPV16/18/31/33/45/52/58型)の感染を予防することができます。

住民票が登録されている自治体の病院、あるいはクリニックで接種ができます。

大濠パーククリニックでは福岡県内の住民票登録者に可能です。