72時間以内の服用-アフターピル

<緊急避妊薬(アフターピル)>

緊急避妊ピルは院内処方(自由診療)です。

EC(緊急避妊薬)の性交後72時間の妊娠回避率は98%です。

従来緊急避妊法として中用量ピルを使うヤッペ法がありました。嘔気が50%と高く、嘔吐も14%と起こりました。

一方妊娠阻止率は55%と低めでした。

緊急避妊薬とは

・性交後72時間以内に1回1錠服用。妊娠に似た状態を作り排卵を抑制し、妊娠を防ぎます。

・内服後3週間以内に生理用の出血が見られます(通常12週間以内)

<アフターピル価格>

8,800円(税抜):レボノルゲストレル(後発品)

9,800円(税抜):ノルレボ(先発品)

(診察・薬代含む)

2時間以内に嘔吐した場合、再度1錠内服が必要です。(約4時間で吸収されます。)

EC

・黄体ホルモン製剤レボノルゲストレル

・妊娠回避率98.6%,妊娠症例数1.59%,妊娠阻害率81%

・作用機序

排卵を遅らせる、黄体期の短縮、子宮内膜発育阻害

・出血(消退出血)は21日以内(7あるいは14日目に起こる事が多い)に起こります。起こらない場合妊娠の可能性をあるのでご連絡下さい。

(内服後数日で出血があった場合、予定の生理が来た可能性もあります。)

副作用

頭痛、腹痛、嘔気、乳房痛、熱感、めまい、傾眠など (頻度は低いです)

・サプリメントのセイヨウオトギゾウシ(セントジョーンズワース)服用で効力が低下します。

・内服後出血がおこるまで、他の避妊方法(コンドーム使用や低容量ピル服用)を継続下さい

医)清涼会 大濠パーククリニック

頭痛外来、ピル外来、美容皮膚科、婦人科、内科

福岡市中央区大濠公園2-35 THE APARTMENT 2B

 092-724-5520

https://www.ohori-pc.jp/wp

低用量ピル、緊急避妊薬、生理日移動ピルは以下を参照

http://www.ピル福岡.jp