超低用量ピルのオーソライズド・ジェネリック(AG)

福岡の婦人科でピルや、がん検診は大濠パーククリニックです。

月経困難症の治療薬として、日本には超低用量ピルが3種類あります。

ノルエチステロン・エチニルエストラジオールにオーソライズドジェネリック(AG)が発売されてます。

オーソライズドジェネリックとは、先発医薬品を製造販売する製薬会社から特許権の許諾(オーソライズド)を得て、後発医薬品メーカーが販売するジェネリック医薬品のことです。 特許権の許諾を受けているため、先発医薬品の特許が切れる前に発売することができ、先発医薬品と同じ原薬・添加物・製造方法で製造できます。

価格は先発品の60%くらいと安くなります。