新着情報

■ピルでニキビを改善

2019/01/21

 

2F3A9FFE-39DB-4481-B386-D4667F6AE4A5

ニキビの発生機序で、男性ホルモンの一種であるテストステロンが、I型5αリダクターゼによって、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。このDHTは、皮脂腺のTG(中性脂肪)の産生を促進し皮脂腺から皮脂分泌を過剰にし、皮膚の角化を促進します。

排出しきれず詰まった皮脂は酸化することで、アクネ菌が増殖し炎症が悪化します。またTGがアクネ菌の栄養源になる促す働きがあります。

ピルの成分であるエストロゲンは蛋白質のSHBG(sex hormone binding globulin)を増やします。SHBGはテストステロンに結合することでホルモン活性がなくなります。SHBGに結合しない遊離テストステロン(ホルモン活性がある)が相対的に減ることになります。ニキビの原因である遊離テストステロンを減らすことが結果としてニキビ発生を改善します。

しかし、ピルのもう一つの成分であるプロゲステロン(PG)はアンドロゲン受容体に結合するとニキビを悪化させます。高PG製剤はSBHGを減らすことで遊離テストステロンが増加しアンドロゲン作用が強くなりニキビが増えやすくなります。

ちなみにアンドロゲン作用が高いピルは、第1世代>第2世代>第3世代>第4世代です。よってアンドロゲン作用が低いピルがニキビに効果があります。

 

具体的にはニキビに有効なピルは。

〇第3世代:マーベロン、ファボアール

〇第4世代:ヤーズ

×第1世代:ルナベル,フリウェル、シンフェーズ

×第2世代:トリキュラー、アンジュ、ラベルフィーユ

 

 

医)清涼会 大濠パーククリニック

頭痛外来

福岡市中央区大濠公園2-35 THE APARTMENT 2B

☎ 092-724-5520

https://www.ohori-pc.jp

低用量ピル、アフターピル、生理日移動ピルは以下を参照

http://fukuoka-ec-oc-pill.jp

 

お問い合わせはこちらTEL092-724-5520 ※月1回月曜日を休診日とさせていただいております。
2月5日、3月4日、4月8日
5月20日、6月10日、7月1日
8月26日、9月2日、10月28日
11月11日、12月9日
8月13日~15日(お盆休み)
12月30日~1月3日(年末年始)
皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。
料金表(自由診療)
WEB問診
各種健康診断・人間ドック
健康診断・ブライダルドック・ミニドック予約
  • 当院の強み
  • 初診の方へ
  • 料金表
  • 院内のご紹介
  • 診療内容について
  • 患者様の声
  • アクセス
  • よくあるご質問
  • リンク
大堀パーククリニック外観

福岡市中央区大濠公園2-35
THE APARTMENT 2階
TEL : 092-724-5520

アクセス
車:都市高速「西公園」または「百道」ランプより5分
バス:大濠公園バス停前のビル
地下鉄:大濠公園駅より徒歩2分

大堀パーククリニックサイドの診療時間画像 地図はこちら モバイルサイトQRコード
院長ブログのバナー
新着情報
主な医療機器一覧
youtube
LINE@
instagram
twitter amebablog
tumblr
頭痛・治療・クリニック・内科・更年期障害・美容皮膚科・ピル・健康診断などのキーワードでよくご来院いただく患者様のエリア
福岡市中央区天神・博多区・城南区・早良区・西区・東区・春日市・大野城市・太宰府市・筑紫野市・那珂川市・北九州市・佐賀県など