頭痛に良い食品 改良

zutuu-fukuoka
頭痛によい食品
1)血管収縮作用があるセロトニンの前駆物質であるトリプトファンを含む食品(100mgあたりのmg) かつお節/1000 大豆/490 ひしのり(のり)/480 しらす干し/440 ごま/370 カシュナッツ(味付)/360 ほんまぐろ赤身生/320 プロセスチーズ/290 鶏若鶏むね皮なし/280 納豆/240 肉類/150-250 牛乳/42 バナナ/10
 
2)ビタミンB2(ミトコンドリア病人が頭痛が多いが、ビタミンB2で軽減)200mg/日で効果有 牛レバー/3 海苔/2.33 アーモンド/1.11 うなぎのかば焼き/0.7 魚肉ソーセージ/0.6 納豆/0.56 いくら/0.55 卵黄/0.43 牛乳/0.15 ヨーグル/0.14 ※チョコラBBプラス(38㎎×2錠/日、60錠1280円)も有効です。
 
3)血管の収縮をおさえるマグネシウム。 1日400mgのマグネシウムを補充すれば改善します。 食 品(100g)
植物性 ほしひじき(620mg) 削り昆布(520mg) ピュアココア(440mg) カットわかめ(410mg) いりごま(360mg) アーモンド 乾(310mg) 焼きのり(300mg) 大豆(国産)乾(220mg)
 
動物性 さくらえび、素干し(310mg) まいわし、丸干し(110mg) あさり(100mg) いくら(95mg) はまぐり(81mg) かき、養殖(74mg) きんめだい(73mg) はまぐり(81mg) ししゃも(57mg) ビーフジャーキー(54mg) パルメザンチーズ(55mg) ※カルシウムも一緒に摂るように(マグネシウムはカルシウムと共同で働く)。
5)活性酸素の毒性を解毒するラジカル・スカベンジャーを含むラクトフェリン 福岡の頭痛外来と言えば大濠パーククリニックです。