大濠パーククリニック監修

低用量ピル

1.『ノルエチステロン、エチニルエストラジオール(保険適用)』第1世代 1相性のピルです。月経困難症(生理痛)の保険適応で使用します。
2.『デソゲストレル、エチニルエストラジオール』第3世代 1相性のピルです。
3.『ドロスピレノン、エチニルエストラジオール、ベータデクス(保険適用)』第4世代 1相性の超低用量ピルです。月経困難症(生理痛)の保険適応で使用します。
4.『ノルエチステロン、エチニルエストラジオール』第1世代 3相性のピルです。
5.『レボノルゲストレル、エチニルエストラジオール』第2世代 3相性のピルです。
  • 作用機序

    ホルモン量は妊娠時の1/20ですが、妊娠に近い状態になり、排卵を抑え、着床抑制、子宮内精子流入を防ぐことで妊娠しにくくなります。

  • 使用上のメリット

    ・妊娠回避率は99.8%と非常に高い
    ・生理痛の軽減、月経量の減少
    ・ニキビの改善
    ・月経前症候群(抑うつ、イライラ)の改善
    ・疾病予防と治療(子宮内膜症、PCO<多嚢胞性卵巣症候群>、子宮体癌、卵巣がん)

  • 使用方法

    ・初回は月経初日から服用始めます。28錠タイプだと色が変わる(休薬期)24錠目あたりから生理様の消褪出血が5日間程度続きます。 薬がなくなる前に受診ください。副作用の確認や2シート目以降の服用方法を説明します。
    ・2シート目以降は28錠飲みきったら、翌日より新しいシートの1錠目から飲み始めてください。
    ・3回目以降は複数月の処方も可能になります。
    ※なお、2周期生理が無い場合は妊娠も疑われます。(ピルによっては経血量が極端に減り生理が来ない場合もあります)

  • 使用できない場合

    ・35才以上でタバコを1日15本以上喫煙されている方
    ・閃輝暗点を伴う片頭痛
    ・血栓症の既往のある方
    ・高血圧、脂質代謝異常、糖尿病でコントロール不良の方

  • 定期検査

    ・半年ごと・・・血圧、肝機能検査
    ・1年ごと・・・子宮がん、乳がん検診

  • 飲み忘れ時の対応

    ・1日忘れ服用予定時間前に気づく→すぐ1錠、その後予定時間に予定のピル1錠服用
    ・1日忘れ服用予定時間に気づく→予定時間にピル2錠同時に服用
    ・2日以上忘れる→使用中のシートは中止→次回生理を待って新しいシートから服用を再開
    ※服薬中止中は他の避妊方法を行ってください。

  • 副作用

    ・不正出血・・・最初の2、3周期…10%以上、その後…4~9%(6ヶ月以内にほとんどなくなります)
    ・嘔気・・・6%
    ・下腹部痛・・・1%
    ・頭痛・・・4%
    ・乳房痛・・・3%
    ・体重増加・・・0.3%
    ・めまい

  • 料金

    料金(税抜):1シート1980円〜(初診時のみ診察料2,880円)

Scroll