院長ブログ

■群発頭痛 大濠パーククリニック

2018/01/08

症状の特徴
① 20-30代の男性に多い
② 片側の目の奥に激しい痛みが年に年に1~2回、1~2か月間は毎日のようにしかも明け方の決まった時間に1-2時間激しく起こる。
③ 痛みをこらえるために頭をかきむしったり、ぶつけたりしたくなり、じっとしていられず動き回る。
④ 涙が出たり目の充血を伴う。
⑤群発頭痛の期間中はアルコールをのむと、必ず群発頭痛が誘発

治療

A.発作時
① 鎮痛剤はインドメタシン、他のNSAIDs無効
②トリプタン製剤
イミグラン点鼻、自己注射3mg一日2回まで、
トリプタン内服(スマトリプタン、ゾルミトリプタンは1日4錠まで。エレトリプタンは1日2錠まで)

B.予防
①発作型群発頭痛にはベラパミル(ワソラン)240 mg3×、発作が起こらなくなり緩解期になった可能性があれば、ベラパミルを1日120 mg に減量して1週間経過をみて、発作の再発がなければ中止します。
②プレドニン (3日毎漸減12日間)ワソラン無効時併用
40 mg/日、2×3日間→30mg→20㎎→10mg(SE:便秘、徐脈や低血圧)胃薬を併用
④ バルプロ酸 併用

以上の治療でどうしてもコントロールができない場合には、バルプロ酸服用を考慮します。
服用量は1日400 ~ 600 mg にします。

医)清涼会 大濠パーククリニック

福岡市中央区大濠公園2-35 THE APARTMENT 2B

☎ 092-724-5520

http://www.ohor i-pc.jp

https://www.facebook.com/ohoripc

 

お問い合わせはこちらTEL092-724-5520
料金表(自由診療)
よかドック(特定検診)
健康診断・ブライダルドック・ミニドック予約
  • 当院の強み
  • 初診の方へ
  • 料金表
  • 院内のご紹介
  • 診療内容について
  • 患者様の声
  • アクセス
  • よくあるご質問
  • リンク
大堀パーククリニック外観

福岡市中央区大濠公園2-35
THE APARTMENT 2階
TEL : 092-724-5520

アクセス
車:都市高速「西公園」または「百道」ランプより5分
バス:大濠公園バス停前のビル
地下鉄:大濠公園駅より徒歩2分

大堀パーククリニックサイドの診療時間画像 地図はこちら モバイルサイトQRコード
院長ブログのバナー
新着情報
主な医療機器一覧
LINE@
instagram
twitter
頭痛・治療・クリニック・内科・更年期障害・高濃度ビタミンC・美容皮膚科・ピル・健康診断・プラセンタ・ニンニク注射などのキーワードでよくご来院いただく患者様のエリア
福岡市中央区天神・博多区・城南区・早良区・西区・東区・春日市・大野城市・太宰府市・筑紫野市・筑紫郡那珂川町・北九州市・佐賀県など