院長ブログ

■片頭痛の予防薬 大濠パーククリニック

2017/10/10

以下の状態の方は、予防薬を3ヶ月程度使うことで頭痛の回数を減らすことができます。

月に2回以上の片頭痛

②前兆のある片頭痛(頭痛の回数が少なくても)
前兆がない片頭痛に比べ、後頭葉の易興奮性が相当高いため、まずトリプタン製剤が効きにくい例が多く、まず予防薬で興奮性を減弱させ、前兆を消し去ると、トリプタン製剤が良く効くようになる。
前兆がない状態から前兆がある状態に移行すると考えられている。

③過敏性を伴う片頭痛(頭鳴症状、めまい、不眠など)
光過敏は後頭葉、音過敏は側頭葉、匂い過敏は前頭葉が過敏状態である。興奮状態が後頭葉から側頭葉や前頭葉まで波及するくらい強い興奮が起こっていると考え、予防薬で鎮めるべきである。

④起床時の頭痛
睡眠時にも脳過敏状態が続いて、片頭痛が重症化した兆候。

1.抗てんかん薬(デパケン、リボトリール、トピナ等)第一選択です。

通常、細胞内はマイナスの電荷を帯びています。ここに神経興奮のシグナルが来ると、Naが細胞内へ流入し、細胞内はプラスの電荷へと転換します(脱分極)。一方、抑制性のシグナルのClの流入によってなかなか脱分極が起こらず、神経興奮が起こりにくくなります。頭痛がおきにくくなります。

また、片頭痛の前兆である閃輝暗点を脳細胞の安定化をはかる作用で減少させます。

2.三環系抗うつ薬(トリプタノールなど) 緊張型頭痛や薬物乱用頭痛にも有効です。

5-HT受容体遮断作用と、ノルアドレナリンとセロトニンの取りこみを阻害します。

3.β遮断薬(インデラルなど)欧米でまず最初に使われます。

β‐アドレナリン受容体を遮断して、血管拡張を阻害したり、セロトニン放出抑制することで効果を発すると考えられています。

他にはセロケン、ロプレソール、ナディック、テノーミンなどがあります。

4.Ca拮抗薬(ミグシス、テラナス、ワソランなど)ミグシス、テラナスは他剤に比べ効果は弱いです。

血管の平滑筋にあるカルシウムチャネルの機能を拮抗(阻害)し、血管収縮抑制したり、5-HT受容体遮断作用によりセロトニンの異常放出を抑制します。

5.選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)(パキシル、ルボックス、デプロメール等)

セロトニンの再取り込みを選択的に阻害します。

6.抗セロトニン薬(ペリアクチン、ミグリステンなど)小児に使うことが多いです。

セロトニン(5-HT2)受容体を阻害し、セロトニン放出を抑え、血管の拡張を抑えます。

7.アンギオテンシン変換酵素( ACE )阻害薬,アンギオテンシンⅡ受容体遮断薬( ARB )

脳血管に生じるNO(一酸化窒素)の合成阻害作用が考えられる。

8.ロイコトリエン受容体阻害薬(キプレス、シングレア、オノンなど)

9.選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)(ルボックス、デプロメール、パキシル)

 

外国の論文では Topiramate (5omg) >Propranolol(80mg) Topiramate (5omg) >Valproate(400mg) 2倍強い などトピナの優位が目立っています。

 

quoted from Mayo Clinic(http://www.mayoclinicproceedings.org/article/S0025-6196(11)63277-1/fulltext?refuid=S0025-6196(11)65072-6&refissn=0025-6196)

日本では頭痛の頻度を減らす治療として予防薬のanticonvulsant,amitriptyline,propranololなどが使われています。 大濠パーククリニックでは海外での最新の情報をもとに頭痛治療を行っています。

英国では、propranololかamitriptyline無効ならAnticonvulsants が使用されています。 A)First line preventative treatments 1)Beta-blockers such as propranolol, since the 1970s. Propranolol is the most commonly used medication in the preventative treatment of migraine; it should be started at 20-30 mg daily (in divided doses) and increased steadily to as high as 240 mg daily. 2)Tricyclics Tricyclic antidepressants were developed in the 1960s, but first entered use in migraine over the next two decades. Medications such as amitriptyline are now as commonly used for headaches and neuropathic pain as for depression; the doses used in migraine are generally much lower than those regarded as effective for depression. Amitriptiline may be started at 10-25 mg daily, and steadily increased to 70-100 mg daily. Some patients with chronic daily headache may only respond to doses as high as 150-200 mg daily. B)Second-line (specialist) preventative treatments Anticonvulsants Several drugs originally developed to treat epilepsy have been found to be useful in the preventative treatment of migraine. Not all anticonvulsants have this dual role, however. High quality evidence exists for sodium valproate and topiramate (Topamax); other anticonvulsants which are probably helpful include gabapentin (Neurontin) and pregabalin (Lyrica); 一方、米国ではMAYO CLINIC(図)の例では まずpropranolol無効時amitriptylineかCa channel blockers(verapamil)それでも無効ならanticonvulsantとなっています。

 

医)清涼会 大濠パーククリニック

福岡市中央区大濠公園2-35 THE APARTMENT 2B

☎ 092-724-5520

お問い合わせはこちらTEL092-724-5520
料金表(自由診療)
健康診断・ブライダルドック・ミニドック予約
  • 当院の強み
  • 初診の方へ
  • 料金表
  • 院内のご紹介
  • 診療内容について
  • 患者様の声
  • アクセス
  • よくあるご質問
  • リンク
大堀パーククリニック外観

福岡市中央区大濠公園2-35
THE APARTMENT 2階
TEL : 092-724-5520

アクセス
車:都市高速「西公園」または「百道」ランプより5分
バス:大濠公園バス停前のビル
地下鉄:大濠公園駅より徒歩2分

大堀パーククリニックサイドの診療時間画像 地図はこちら モバイルサイトQRコード
院長ブログのバナー
新着情報
主な医療機器一覧
LINE@
頭痛・治療・クリニック・内科・更年期障害・高濃度ビタミンC・美容皮膚科・ピル・健康診断・プラセンタ・ニンニク注射などのキーワードでよくご来院いただく患者様のエリア
福岡市中央区天神・博多区・城南区・早良区・西区・東区・春日市・大野城市・太宰府市・筑紫野市・筑紫郡那珂川町・北九州市・佐賀県など