院長ブログ

■月経前症候群(PMS)と頭痛 大濠パーククリニック

2018/04/07

片頭痛が①女性に多いこと②思春期がはじまるころから増加する③妊娠中軽減する④出産後増悪する⑤閉経後軽減する。などから女性ホルモンとの関係が示唆されます。
女性ホルモンの卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)は、月経の周期でその分泌量は変化します。エストロゲンが減る(排卵日や月経開始前)と、それに伴いセロトニンも減ることから脳内の血管が拡張し片頭痛が起こると考えられます。
PMS(月経前症候群)の一症状として頭痛がありますが、一般的なPMSの治療法の他、片頭痛の治療法にコツが必要です。

PMS関連頭痛の特徴
①持続が長い(月経前から月経2-3日目まで)ため、トリプタン製剤も効果の持続が長いものが有効なことがあります。

②同様に鎮痛剤を使う場合、効果発現は早いが持続が短いものがよい

③PMSの治療として低用量ピルなどが使われますが、副作用で頭痛が出ることがあります。PMSの治療では他に抗うつ薬や漢方薬も有効です。効果や副作用を考慮して治療法を考えます。

医)清涼会 大濠パーククリニック
福岡市中央区大濠公園2-35 THE APARTMENT 2B
☎ 092-724-5520

お問い合わせはこちらTEL092-724-5520
料金表(自由診療)
よかドック(特定検診)
健康診断・ブライダルドック・ミニドック予約
  • 当院の強み
  • 初診の方へ
  • 料金表
  • 院内のご紹介
  • 診療内容について
  • 患者様の声
  • アクセス
  • よくあるご質問
  • リンク
大堀パーククリニック外観

福岡市中央区大濠公園2-35
THE APARTMENT 2階
TEL : 092-724-5520

アクセス
車:都市高速「西公園」または「百道」ランプより5分
バス:大濠公園バス停前のビル
地下鉄:大濠公園駅より徒歩2分

大堀パーククリニックサイドの診療時間画像 地図はこちら モバイルサイトQRコード
院長ブログのバナー
新着情報
主な医療機器一覧
LINE@
instagram
twitter amebablog
tumblr
頭痛・治療・クリニック・内科・更年期障害・美容皮膚科・ピル・健康診断などのキーワードでよくご来院いただく患者様のエリア
福岡市中央区天神・博多区・城南区・早良区・西区・東区・春日市・大野城市・太宰府市・筑紫野市・筑紫郡那珂川町・北九州市・佐賀県など