新着情報

■帯状疱疹 大濠パーククリニック

2017/10/09

帯状疱疹 首

帯状疱疹は体のどこにでもできます。

胸、腰、お尻、大腿、顔面、首。水泡や発赤を認める前から痛みだけ感じることが多く、診断がついたら早期の抗ウイルス剤を7日間内服します。

<帯状疱疹での頭痛>

有痛性脳神経ニューロパチーの中の13.1.2.1急性帯状疱疹による有痛性三叉神経ニューロパチーに分類されます。

写真は耳項部の頚部にできた帯状疱疹です。
外来では比較的稀ですがそれでも年に数人以上のケースで見られる頭痛の原因として帯状疱疹ウィルスによるウィルス感染があります。帯状疱疹は通常小児の時に水庖ウィルス感染で発症する『みずぼうそう』のことですが、成人になって免疫力が低下した時等に発症するものが帯状疱疹です。全身どこにでもできる可能性があり、首から頭にかけて発症することもあります。潜伏期は約2週間で、後頭部あるいは耳の後ろあたりで発生したものは後頭部痛と訴える方がおられます。最初は『ジカジカ』、『ジンジン』するような感覚で、皮膚症状はあまり見られません(前駆期)が、その後皮膚が赤くなってきます。この状態で病院に来られると帯状疱疹かどうかの診断が難しいことがあります。ただし数日たつと水泡が形成され、またそれが破れることによって浸出液が見られ診断が確定されます。早期に治療(抗ウイルス剤内服)を始めることで症状も軽く早期に治癒することが可能です。また最近の研究で偏頭痛や群発頭痛の原因として帯状疱疹による感染が考えられています。 再発率は1-5%です。

医)清涼会 大濠パーククリニック
福岡市中央区大濠公園2-35 THE APARTMENT 2B
092-724-5520

お問い合わせはこちらTEL092-724-5520
料金表(自由診療)
健康診断・ブライダルドック・ミニドック予約
  • 当院の強み
  • 初診の方へ
  • 料金表
  • 院内のご紹介
  • 診療内容について
  • 患者様の声
  • アクセス
  • よくあるご質問
  • リンク
大堀パーククリニック外観

福岡市中央区大濠公園2-35
THE APARTMENT 2階
TEL : 092-724-5520

アクセス
車:都市高速「西公園」または「百道」ランプより5分
バス:大濠公園バス停前のビル
地下鉄:大濠公園駅より徒歩2分

大堀パーククリニックサイドの診療時間画像 地図はこちら モバイルサイトQRコード
院長ブログのバナー
新着情報
主な医療機器一覧
LINE@
頭痛・治療・クリニック・内科・更年期障害・高濃度ビタミンC・美容皮膚科・ピル・健康診断・プラセンタ・ニンニク注射などのキーワードでよくご来院いただく患者様のエリア
福岡市中央区天神・博多区・城南区・早良区・西区・東区・春日市・大野城市・太宰府市・筑紫野市・筑紫郡那珂川町・北九州市・佐賀県など