院長ブログ

■保湿剤は皮脂欠乏症の肌に 大濠パーククリニック

2017/11/22

塗布部位:顔、手、頭皮、体等全身

適応:乾燥肌、ニキビ、アトピー、蕁麻疹、注射後の皮下出血、しこり、ケロイド、打撲、ホルモンテープ負け予防(テープの30分前に塗布)にも応用されます。

保湿剤の塗り方:
1)保湿剤を点在させます。
2)指先ではなく、手の平を使ってやさしく丁寧に、できるだけ広い範囲に塗ります。
3)体のしわに沿って塗ると、皮膚に広がりやすくなります。
4)軟膏やクリームは、人差し指の先から第一関節まで伸ばした量、ローションタイプの場合は、1円玉大の量が約0.5gでおよそ手の面積2枚分に塗れます。
5)ティッシュが皮膚に付く、または皮膚がテカる程度も使用量の目安になります。
保湿剤

保湿剤、ヒルドイド

冬が近ずきお肌が乾燥気味です。ニキビ、アトピーを持たれている方はもちろんですが、更年期近くなり皮膚が薄くなると乾燥やカサカサが気になります。

現在保険適応のある保湿剤はいくつかあります。

図は各種保湿剤によるTEWL(皮膚から蒸散する水分量で、高いほどバリア機能が低下しています)の変化を示していますが。保湿効果は、

ヒルドイド>尿素>ワセリンです。

1)ワセリン、プロペト

白色ワセリンを精製して、純度を高めたものがプロペトです。

※プロペトは目や、粘膜部位や傷のある場所へも刺激性がなく使用できます。(これらの場所ではヒルドイドより優れています)

ワセリンは、皮膚の表面に油性成分の薄い膜を作ります(コーティング)。

2)尿素製剤(ウレパール、パスタロン、ケラチナミン)

角層に作用します。水に結合しやすい天然保湿因子の一種です。

タンパク質分解作用で肥厚した角質を薄くする効果があります。ハンドクリームに配合されています。

細かいキズがあるとしみます。

3)ヘパリン類似物質含有製剤(ヒルドイドやビーソフテン)

角層の下の肌の奥まで浸透、組織を修復します。肌のバリア機能を回復させます。

シミ(特に脂漏性角化症)を薄くする効果があります。

ワセリンやグリセリンを含みNMFやセラミドと協働し潤いを作ります。

4)アズノール

ワセリンベースに赤みの炎症を抑えてくれるアズレン、保湿剤のラノリンが入ってます。

おむつかぶれ様湿疹に使用します。

当院では各種保湿剤を処方してます。

保湿剤比較 価格

 

 

医)清涼会 大濠パーククリニック

福岡市中央区大濠公園2-35 THE APARTMENT 2B

092-724-5520

お問い合わせはこちらTEL092-724-5520
料金表(自由診療)
よかドック(特定検診)
健康診断・ブライダルドック・ミニドック予約
  • 当院の強み
  • 初診の方へ
  • 料金表
  • 院内のご紹介
  • 診療内容について
  • 患者様の声
  • アクセス
  • よくあるご質問
  • リンク
大堀パーククリニック外観

福岡市中央区大濠公園2-35
THE APARTMENT 2階
TEL : 092-724-5520

アクセス
車:都市高速「西公園」または「百道」ランプより5分
バス:大濠公園バス停前のビル
地下鉄:大濠公園駅より徒歩2分

大堀パーククリニックサイドの診療時間画像 地図はこちら モバイルサイトQRコード
院長ブログのバナー
新着情報
主な医療機器一覧
LINE@
instagram
twitter
頭痛・治療・クリニック・内科・更年期障害・高濃度ビタミンC・美容皮膚科・ピル・健康診断・プラセンタ・ニンニク注射などのキーワードでよくご来院いただく患者様のエリア
福岡市中央区天神・博多区・城南区・早良区・西区・東区・春日市・大野城市・太宰府市・筑紫野市・筑紫郡那珂川町・北九州市・佐賀県など