院長ブログ

■カフェイン中毒と頭痛 大濠パーククリニック

2017/06/15

カフェインの過剰摂取によるカフェイン中毒が問題になってましが、短時間に1グラムカフェインが片頭痛の誘因になることがあります。

100mg/日を超えると頭痛を誘発する可能性が高くなります。
200mg/日以上なら要注意です。

主な飲み物のカフェイン含量※150mlはコップ1杯

種類 容量 カフェイン量
コーヒー(炒り豆・ドリップ) 150ml 100mg
コーヒー(インスタント) 150ml 65mg
コーヒー(エスプレッソ) 40ml 77mg
コーヒー(カップチーノ) 150ml 50mg
コーヒー(ノンカフェイン) 150ml 1 mg
玉露 150ml 180mg
抹茶 150ml 48mg
紅茶 150ml 30mg
せん茶 150ml 30mg
ほうじ茶1杯 150ml 30mg
ウーロン茶 150ml 30mg
番茶 150ml 15mg
玄米茶 150ml 15mg
麦茶・黒豆茶・ 150ml 0mg
杜仲茶・ルイボス茶 150ml 0mg
ホットココア 150ml 50mg
コーラ 350ml 34mg
コーラ(ダイエット) 350ml 45mg
栄養ドリンク(カフェイン入り) 100ml 50mg
板チョコレート 50g 20mg
コーヒー味アイスクリーム (ハーゲンダッツ) 1/2cup 30mg
コーラ 350ml 34 mg

医)清涼会 大濠パーククリニック

福岡市中央区大濠公園2-35 THE APARTMENT 2B

☎ 092-724-5520

お問い合わせはこちらTEL092-724-5520
料金表(自由診療)
健康診断・ブライダルドック・ミニドック予約
  • 当院の強み
  • 初診の方へ
  • 料金表
  • 院内のご紹介
  • 診療内容について
  • 患者様の声
  • アクセス
  • よくあるご質問
  • リンク
大堀パーククリニック外観

福岡市中央区大濠公園2-35
THE APARTMENT 2階
TEL : 092-724-5520

アクセス
車:都市高速「西公園」または「百道」ランプより5分
バス:大濠公園バス停前のビル
地下鉄:大濠公園駅より徒歩2分

大堀パーククリニックサイドの診療時間画像 地図はこちら モバイルサイトQRコード
院長ブログのバナー
新着情報
主な医療機器一覧
LINE@
頭痛・治療・クリニック・内科・更年期障害・高濃度ビタミンC・美容皮膚科・ピル・健康診断・プラセンタ・ニンニク注射などのキーワードでよくご来院いただく患者様のエリア
福岡市中央区天神・博多区・城南区・早良区・西区・東区・春日市・大野城市・太宰府市・筑紫野市・筑紫郡那珂川町・北九州市・佐賀県など